図書館だより

2023.01.19

鹿央図書室◇1月

早いもので2023年も半月が過ぎています。
お年玉付き年賀はがきの当選番号も発表されました。
お正月疲れのこの時期、私のささやかな楽しみの一つです。

鹿央図書室の新春展示はこちら。

【ウサギとオニのえほん】

今年の干支の「卯(ウサギ)」が出てくる絵本を集めました。
飛躍する一年となりますように!
そして半月後にはもう節分ですね。
「オニ」の絵本もあわせて展示しています。

【もっと楽しむ「家康」・「大奥」】

昨年なにかと話題だった大河ドラマ。
今年の大河の主人公は「徳川家康」です。
また、同局では”逆転”「大奥」のドラマもスタートしています。
ドラマのお供に手に取ってみては。

2022.12.09

菊鹿図書室 12月の展示

  こんにちは。突然の冬到来に、あわてて真冬用のコートを引っ張り出した方も多かったようですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 菊鹿図書室12月の展示のご紹介です。

        

メイン展示『クリスマスのえほん』

カウンター前の展示は、この時期恒例のクリスマスの絵本の特集です。クリスマスは街も、人の心も華やかな気持ちにさせてくれますね。

「サンタさんは本当にいるのでしょうか?」 この、古くて新しい質問はまた今年も子供たちから来るでしょうか。

大人は答えを工夫しなくてはいけませんね。絵本を読みながら考えるのも良いかもしれません。(笑)

みなさんが楽しいクリスマスを過ごせますように。

次の展示のご紹介です。(図書室入口付近)

絵本ミニ展示『なかやみわのせかい』

 なかやみわさんは特に女子からの人気がある作家さんです。実は美大卒業後、サンリオのデザイナーになられたそうですが、自分が思い描いていたイメージとは違う世界だったそう。

 ある日、キャラクター作りの参考にと絵本売り場を見たとき、長く愛され読まれているベストセラー絵本を見て、自分もこんな風に普遍的に愛されるものを作りたいと思い、OLをしつつ川端誠さんの絵本塾へ。

 その後、作家になってから結婚、母親となり子供と向き合っているうちに、絵本は子ども達のために必要なものを描くべきという気持ちに少しずつ変わっていったとのことです。

 そして現在もそれらの思いを胸に、人生の節目に読み返したくなる本を目指して制作されつづけていらっしゃいます。

なかや作品に描かれている愛らしいキャラクター達を通して、いろんなメッセージが伝わってくる作品が多いのも、わかるような気がします。

最後にご紹介するのは、

季節の展示『年末年始は御馳走三昧』

 おもてなし料理や、お正月料理などのレシピ本です。簡単だけど素敵なメニューってないかな…?と思われた時は、ぜひご覧ください。御馳走作りのお役に立てれば幸いです。どうぞ、楽しい時間をお過ごしください。

 あんずの丘は今、紅葉していた木々も散って、いよいよ冬がやって来たなという景色になりました。年末の忙しい時期ですが、たまにはちょっと休憩がてら、菊鹿図書室にもお寄りいただければと思います。

 では、今年一年ありがとうございました。皆さまよいお年を。

(・ω・)ノ~I

2022.12.06

鹿央図書室◇12月

師走です。
クリスマスです。
年賀状です。
大掃除です。
今年も忙しい季節の到来です。

鹿央からめりーくりすます!

鹿央図書室のクリスマス本が大集合☆
リース作りの本やイルミネーションの本もあわせて展示しています。

サンタクロースが指す方にあるのは…



【ゆく年くる年】

おせちレシピ本、掃除術の本などを集めています。
展示のPOPのイラストのように、くる年を迎える準備を始めませんか。


大晦日・年越しの絵本、お正月の絵本も先取りで展示しています。
あったかい部屋で「かさじぞう」の読み比べをしてみるのも楽しいかもしれません。
#『かさじぞう』松谷 みよ子/[著],黒井 健/[画] 童心社  ※画面左下
#『かさじぞう』山下 明生/文,西村 敏雄/絵 あかね書房  ※画面右下
#『かさじぞう』瀬田 貞二/再話,赤羽 末吉/画 福音館書店 ※画面中央


気忙しい時間が増えますが、穏やかで健やかな年の瀬をお過ごしください。

2022.11.28

こもれび図書館 おシゴト体験 司書になろう!Ⅳ

  『おシゴト体験 司書になろう!』シリーズも、最後の回となりました。今回は11月27日の様子をリポートします。前回よりレベルアップした体験内容の日なんですが、さて…

 はい、では、朝一番の作業から。夜間返却口のポスト、使ったことある?ちょっと見てみましょうか。

 ちなみに、裏はこうなってます。あ、今日も結構入ってますねえ。

 さあ、2階の図書館へ…あ、ここにも押しボタンが。カート大きいからここを使ってもいいかも。

 図書館に着いたので、カウンターに本を出しましょう。いっぱいあるけど、がんばって!

 本を並べたら、返却処理をします。1冊1冊、確実に。

 あ、今、音がピコーンって鳴ったでしょ、その時はパソコン画面を確認してね。何か大切な事がメッセージで出てる時があるから。(これは、図書館スタッフも常に気をつけている事です。)

 返却本の処理が済んだので、次は本を探してもらいましょう。まずは検索してみましょうか。えーっと…

 お探しの本は、閉架書庫のほうにあるようです。ちゃんと見つかるかな…ドキドキ。

 あ、あった!きっとこれだよね、多分。

 次に、配架もやってみましょう。本の背ラベルの請求記号を見ながら、元の位置を探します。シリーズ物なんかは、場所が分かりやすいかも。

 絵本は、あいうえお順。おや、片付ける手付きがなんだか手馴れているような。それもそのはず、ご家族で、よく図書館を利用していらっしゃるとのことです。日頃の教育の賜物ですね✨

 開館時間を迎えると、返却本が次々とやってきます。ひとつひとつ、丁寧にチェック。そしてキレイに拭き上げます。

 返却本は、あっというまにどんどん溜まっていくので、配架も大切なおシゴトです。しっかりやってくれるので、安心して見ていられます。(笑)

 また返却作業。確認しつつバーコードを読ませていくと、ピコーン!!

 あ、これは確か、さっき聞いた…えーっと…  そう!覚えていてくれましたね。ここは見ないといけないトコロです。もう、しっかり図書館員の目線になっていますね✨

 忙しくしているうちに、あっという間にお時間は過ぎ、おシゴト終了。よくがんばってくれました!ということで、子ども司書認定証をお渡しします。

 立派な、子ども司書さんが、また一人誕生しました✨

 とても素敵な笑顔です。図書館のおシゴトは、いかがだったでしょうか?これからも色んな事を体験して、たくさんのものを見てくださいね。経験は、人生を豊かにしてくれます。

 そして、何か分からないことや困ったことがあったら、そういう時ほど図書館に来て下さい。お役に立てることがあるかもしれませんから。スタッフに質問して頂いてもいいですよ。一緒に本を探しましょう。

 『おシゴト体験 子ども司書になろう!』4回シリーズでお届けしましたが、いかがだったでしょうか。

 参加者、そして保護者の皆さま、本当にご協力ありがとうございました。コロナ禍のため、今回は2年ぶりの開催でした。

 どのくらいの方に応募していただけるのか心配しておりましたが、予想を上回るお問合せがあり、ほっ、とした次第です。

 今回のイベントで、いつもと一味違う図書館の姿をお楽しみいただけたなら幸いです。

 ぜひまた、図書館へいらしてくださいね。スタッフ一同お待ちしております。

(・ω・)ノ~I

2022.11.20

こもれび図書館 おシゴト体験 司書になろう!Ⅲ

 前々回にひきつづき、秋の読書週間イベント『おシゴト体験 司書になろう!』の今回も、小学生の部です。11月13日のグループの様子をリポートします。前回のグループより少しお姉さんの2人が参加してくれました。

 さあ、今回も朝の最初のおシゴト、夜間返却ポストの返却本を取りに行く所からスタートです。ポストに返却された本が意外と多いので、ちょっと驚いているみたい。(笑)

 たくさん本があるので、カートで運びましょう。図書館は2階なのでエレベーターへ。

 それでは、2階へまいりまーす、のところでパチリ!

 カートを館内へ運んだら、本を出します。おおっ、2人とも手際がいいなあ✨

 うーん、奥の方は取りづらそう…(汗)でも、がんばってます!

 さて、カウンターに本をきれいに並べます。あとで処理するため、バーコードラベルを見えるようにするのが大切。

 次に、パソコンで返却処理。バーコードリーダーでピッ・ピッ・ピッ…

おや、とてもスムーズですねえ、なんだか使い慣れているような…。

 選手交代してもらいましたが、むむむ、こちらも負けずに上手な模様。さすがおねえさんチーム。(のちに、実はお2人とも、自動貸出機をよく使っていらっしゃったことが判明!(笑)やっぱり)

 返却処理も本の拭き上げも済んだあとは、このカートに置きます。本の種類で置く場所が決まっているので、まちがえないようにしましょうね。

 さて、次は館内探検です。図書館は色んな人が利用するので、本の種類もさまざま。ふだんは見ないようなコーナーなんかも、せっかくなので見てみましょう。

 お2人が、もうすこし大きくなった頃に、この本達がお役に立つ時がありますように。

 もちろん、閉架書庫もみていただきましょう!ここの本は、カウンターでおたずねがあれば、お出しします。

 では、本の場所がわかったところで、本をもとの位置に戻すおシゴトをしていただきます。丁寧に片付けてくれました。

そして、次に貸出処理も体験。もう、普通に働いている人みたいです✨

 カウンターのパソコンの席に座り、本の検索チャレンジです。初めて見る画面。いつも図書館で使う検索機とは全然違うので、少しおどろいたかもしれませんね。

 カウンターからの眺めはいかがでしょうか。ちょっぴり司書さんの気分になれたかな?

 かわいらしい司書さんが並んで座っています✨

 と、いうことで、本日また2名の新しい子ども司書さんの誕生です。司書のおシゴトをがんばってくれたあかしとして、認定証をお渡しいたします。

 働く人になってみた時の図書館は、どんなところに見えましたか?これからお2人とも、いろんなもの・ことを見て、将来への夢を考え始める時期だと思います。新しい事にどんどんチャレンジしていって下さいね。応援しています!

そしてまた、ぜひ図書館へいらしてください。スタッフ一同お待ちしています。

(・ω・)ノ~I

2022.11.13

菊鹿図書室 11月の展示

  こんにちは。秋も本番となり、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋などの言葉がありますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 菊鹿図書室11月の展示のご紹介です。

メイン展示『気軽に読みたい エッセイ本』

 カウンター前のメイン展示は、エッセイ本のご紹介です。先月とは打って変わり、楽しく気軽に読めるものをあつめてみました。なんだか、本のタイトルも表紙も明るくてユニークなものが多いですね。

ちょっと気分転換したい時などに読むのにピッタリかと思います。割とリクエストがあるジャンルの本です。新聞などで紹介があるとすぐに予約が入るという感じですので、図書館のスタッフも新聞は要チェック!です。(笑)

次の展示のご紹介です。(図書室入口付近)

季節の展示『今年のヨゴレ、今年のうちにお掃除本2022

 特集タイトル、なにかどこかで聞いたようなフレーズですが(笑)2022年も、もう11月、そろそろ年の暮れが近づいて来て、いろんな所のお掃除が気になりだす時期かと思います。お掃除だけでなくお片付けも、セットで気になるのではないでしょうか、ということで、両方のジャンルの本を集めてみました。

 お掃除が後回しで年末ぎりぎりだと、特集ポスターのような感じになってしまいそうですから、どうぞお早めに。

 最後にご紹介するのは、

 絵本ミニ展示『あらいひろゆきのせかい』

 この展示で使われている絵本、あるいは絵を、皆さまどこかで一度は目にしているのではないでしょうか。あらいひろゆき先生は本当に多作の作家さんです。現在219冊出版されているようです(2022年時点)。読み聞かせでも、よく取り上げられる作品をお持ちの方です。

 とあるインタビューであらい先生は、絵本作家と名乗っていても、自分では絵本を生み出しているという感覚はなく、絵本のほうから「つぎはこんなの作ってよ」と言ってくるのを、ただ具現化している感じ…と、ご自分の事を語っておられました。生粋の芸術家魂をお持ちのようです。

 ちなみに東京造形大学で教鞭をとっていらっしゃるとのことで、こんな先生に授業してもらえたらさぞ勉強になり、また、楽しいことでしょうね。

 あんずの丘では、今、紅葉した木々が景色を彩っています。風が吹くたび葉が落ちて、そろそろ冬が近づいてくるのを感じます。広場には、入れ替わり立ち替わり多くの方がピクニックやドライブで訪れていらっしゃいます。

 こちらにお立ち寄りの際は、菊鹿図書室ものぞいてみてくださいね。皆様のお越しをお待ちしております。

(・ω・)ノ~I

2022.11.10

図書館見学【八幡小学校編】


元気な八幡小の2年生、33名が図書館見学に来てくれました。

まずは館内の見学から。


新しく届いた本はこの本棚にまとめてあります。
図書館には毎週新しい本が届きます。


テラスからはみんなが見学してきた八千代座の屋根も見えます。
さくら湯やあし湯はあっちの方ですね。


大型絵本は小学校の図書室にもあるそう。
1冊のお値段は○○円だよーと話すとみんなビックリ!
そんな本も”無料”で借りられるのが図書館です。

館内の見学中、こもれび読書フェスタのイベント、
謎解きツアーの宝箱や雑誌ふろくの展示にもしっかり気づいてくれました。
イベントは今月いっぱい開催中です。
本を返しに来た時に、ぜひ参加してくださいね。

図書館見学のお礼のお手紙も続々いただいています。
館内に掲示していますので、どうぞご覧ください。

2022.11.08

鹿央図書室◇11月

 
朝昼の寒暖の差に戸惑う日が続きます。
週末ごとにイベントが行われる様子を見ると嬉しいですね。
先日おこなわれた鹿央町・ふるさと祭りも盛況だったそうです。

【いまさらですが。】

耳にはする、なんとなくは知ってる気がする、けど説明してと言われると困る・・・
そんなことありませんか。私はよくあります。
解決してくれる本を集めました。
秋の夜長のお供にいかがでしょう。
知ってるようで知らない、山鹿や、熊本についての本も展示しています。

鹿央町霜野にある康平寺のイチョウも色づき始めています。
黄金色になるのはもう少し先のようです。(写真は2022.11.9撮影)

2022.10.21

図書館見学【大道小学校/三玉小学校編】

 
【大道小学校編】
早速図書館の中を見学!
ではなく、階段を下に降りていきます。
※こもれび図書館は建物内の2階にあります。


どこに向かっているかといいますと・・・

時間外返却口の”ウラ側”です!


今回、大道小学校の方から見学したいという要望をいただいていました。
交流センター(図書館が入っている建物)の管理の方から許可をいただき、
みんなが気になっていた”ウラ側”が見学できることに。
「紙芝居やDVDは傷むから必ず図書館カウンターに返しにきてね!」


読み聞かせも楽しい反応をしながら聞いてくれました。
今度はおうちの人と一緒に来て、たくさん本を借りてくれると嬉しいです。


【三玉小学校編】
三玉小学校の皆さんの到着は開館前。
いつもはまだ入れない時間ですが、この日は特別に入館。
利用者の方がいない館内をゆっくりと見学したり、読み聞かせを楽しんだり。


質問タイムでは興味深いお尋ねがありました。
「代本板がないのにどうやって本を棚に戻せるんですか?」
「棚に貼ってある数字の表はなんですか?」


短時間の見学の中での洞察力、すばらしいです!
背ラベル、請求記号の話をすると、「へえ~!」という良い反応が返ってきました。
図書館のひみつを知って、これからもたくさん図書館を使ってくださいね!

※「代本板」「背ラベル」「請求記号」のおはなしは近日中にブログで触れたいと思います。お楽しみに。

2022.10.07

鹿央図書室◇10月

 いつまで猛暑日が続くやら、と思っていましたがようやく”秋”到来の兆しですね。
月並みな言葉ですが「読書の秋」も到来です。
10月の鹿央図書室ではこんな本を特集しています。

【美味物語】


レシピ本、ではありません。
タイトルだけでも美味しそうな物語、読んでまた美味しい物語、
言葉で文章で味わう本を特集しています。



美味しそうな物語を堪能して、本当にお腹が空いた方は、
ぜひ鹿央町へお越しください。
「JAかもと夢大地館」や「鹿央物産館」では旬の美味しいものが勢ぞろい。
個人的に気になっているのは「鹿央物産館 岩原双子塚古墳・発掘カレー」。
期間限定で中に栗が入っているバージョンが食べられるそうです🌰

2022.10.06

図書館見学【山鹿小学校編】

10月3日、4日、6日、の3日間に分けて
山鹿小学校の2年生が図書館見学に来てくれました。

図書館が校区内にあることもあり、ほとんどの子どもさんが
こもれび図書館に来たことがある!とのこと。
各クラス2班に分かれて館内を見学ツアー。
テラスに出て山鹿小学校の屋根を見たり、
職員しか入られないヒミツの部屋(閉架書庫)を覗いたり。
職員の説明も反応良く聞いてもらい、質問もたくさん受けました。


最後は本の貸出タイム。
学校ではなかなか借りられないサバイバルシリーズやどっちが強いシリーズに大興奮の子どもたち。
またお家の人と来てくれるのを楽しみにしています♪

2022.09.06

鹿央図書室◇9月

 
防災月間の9月に待ち構えていたかのように訪れた台風でしたね。
山鹿は幸いにも暴風域からは逸れてよかったです。

【敬老の日読書のすすめ~鹿央版~】

9月19日は敬老の日です。
鹿央図書室の本の中からご年配の方へおすすめの本を集めました。
懐かしい昭和関係の本や、毎日を元気に楽しく過ごすための本などを展示中です。
日頃は書架に埋もれている本。こんな本も図書室にあったんだなあ、と眺めてください。

【児童書ぞくぞく届いて〼】

児童書(子ども向けの本)もぞくぞく届いています。
分類上は子ども向けですが、いろんな分野の本が分かりやすく書いてあり、入門書としても最適なんです。
子どもさんはもちろん、大人のかたも是非手にとってみてください。

2022.07.05

鹿央図書室◇7月

 猛暑続きかと思えば台風の襲来。
 今年は雨を愛でる時間が少ないかもしれませんね。

【夏休み応援!】

少し気が早いですが、夏休み向けの特集に変わっています。
感想文・感想画の課題図書・自由図書、自由研究、工作の本がズラリ。
グー〇ル先生に尋ねがちですが、本当に知りたいことをネット情報の海の中から見つけ出すのは実は至難の業。
鹿央図書室をはじめ、山鹿市内の図書館・図書室では夏休みの応援態勢を整えています!
ぜひご活用ください。
※課題図書・自由図書の貸出は1週間です。ご協力よろしくお願いいたします。

【星降る夜のおともに】

快晴の夜空は星がよく見えます。
七月七日の七夕にちなんで、星がキーワードになる物語を展示しています。
星降る夜も雨降る夜も、手元に1冊いかがですか。

鹿央町には七夕神社なるものがあります。
鹿央市民センターにはこんな立派な笹が飾ってありました。
 
笹を賑わせている飾りものは子育て支援センターの先生方の手作りだそう。
鹿央町内で作られた笹は、七夕神社に奉納されるそうです。
家庭で笹飾りをすることも少なくなりましたが、日本の古き良き風習は引き継いでいきたいものですね☆

2022.06.07

鹿央図書室◇6月

 
熊本より先に関東甲信地方が梅雨入りしましたね。
咲き誇っているアジサイも、雨を待っているかのようにも見えます。

【たべるとげんき!~食育月間~】

6月は食育月間です。
毎日の食生活を見直してみませんか。
農林水産省発行の食事バランスガイドを掲示しています。
あなたの今日の栄養、足りていますか?
『おにぎりをつくる』『みそしるをつくる』といった写真絵本も
「食」への関心の第一歩にいかがでしょう🍙

【からだメンテ】

まだまだ晴れ間が多いですが、梅雨に入ると運動不足になりがち…。
室内でできるストレッチや筋トレ、声出しの本などを展示しています。
ところで、ヒジとアゴをくっつけられますか?
できそうでできない人体の不思議が紹介されている
『できるかな?人体おもしろチャレンジ』という本もおすすめです。
こどもから大人まで盛り上がりますよ♬

新着図書も届き始めました。
たくさんのご利用をお待ちしております。

2022.05.06

鹿央図書室◇5月

3年ぶり規制なしの大型連休、たのしく過ごされたでしょうか。
今年の連休は天気にも恵まれましたね。
5月の鹿央図書室はこんな本を特集しています。

【おでかけどこいく??】

ガイドブックや旅のエッセイ、山歩きの本などを展示しています。
観光庁・国土交通省から出されている「新しい旅のエチケット」も一部掲示しています。
大型連休は終わっても、まだまだ気持ち良い季節が続きます。
感染対策をしっかり取りながら、楽しくおでかけしたいですね。

【こいのぼり&おさんぽえほん】

こいのぼりの姿も年々少なくなってきてるような気がします。
青空を背に泳ぐこいのぼりの雄姿は、見ててとても気持ち良いですが、
こいのぼりを建てるのは一仕事ですもんね…。
絵本の中のこいのぼりは、絵本を開けばいつも元気に泳いでます!
また、気持ちよくおさんぽもできる季節です。
いろんなおさんぽの様子が描かれている絵本もあわせていかがでしょう。

2022.05.05

こもれび図書館 5月の館内展示情報

 こもれび図書館 5月の展示情報です。

メインコーナー①

『地元再訪 山鹿パンフ特集』
・山鹿の新たな魅力を発見! 各種様々なパンフレットを展示しております。

🚲メインコーナー②

『GOOD CYCLE KOMOREBI』
・5月は自転車月間です。自転車のマナーを再確認して山鹿を「チャリブラ」しませんか♪

その他にも館内では以下のような展示を行っております。
〇一般コーナー『川端康成 没後50周年』
〇青春コーナー『THE マンガ道』
〇児童コーナー『“たろう”がいっぱい』
〇絵本コーナー『おかあさんだいすき』『およげこいのぼり こどもの日』
〇市役所関連展示『美味しく減塩 (健康増進課)』


  

  

皆さまのご来館をお待ちしております。

2022.05.01

こもれび図書館 5月4日(水)特別開館いたします

こもれび図書館は5月4日(水)特別開館いたします

こもれび図書館は、5月4日(水)10:00~17:00まで特別開館いたします。

こども読書週間期間中のイベントも開催中です。
5月1日(日)から「ステキな雑誌ふろくプレゼント」が始まっています。
こもれび図書館で貸出したレシートを、希望されるふろくの応募袋に入れてください。
応募期間は5月31日(火)まで、期間中はお1人様1日1回までご応募できます。
ふるってご参加ください。
また、こもれび図書館自動ドア前では【こもれびリサイクルフェア】も開催中です。


GW期間中は、こもれび図書館へのご来館お待ちしております。

2022.04.05

4月◇鹿央図書室:れんげウォーク

4/29に鹿央町で【れんげウォーク】が開催されます。
山内校区を彩るれんげの花々を眺めながら歩くイベントです。
新型コロナウイルスの影響で2年ぶりの開催を予定されています。

このレンゲの花。
本を開いてみるとこんな花だそうで。


レンゲは別名ゲンゲ。
紫の雲のような花のようすから中国では「紫雲英」の字をレンゲソウにあてているそうです。
(パソコンなどで〈げんげ〉と入力してください。
変換候補に「紫雲英」が出てきますよ!びっくり!)
日本では「蓮華草」と書きます。輪になって並ぶ花のようすを蓮の花に見立てているとか。
中国から日本全土に広がったのは室町時代。
蜂が蜜を集める花で有名。

れんげウォークの前後には図書室にあるこんな本を読むと、より楽しめるかもしれませんよ。


鹿央市民センター敷地内にも春の草花が顔を出しています。
春爛漫な鹿央町、鹿央図書室へどうぞお越しください✿



※参考資料『草花とともだち』松岡達英・構成/偕成社 『野の草ノート』いわさゆうこ作/文化出版局

2022.03.08

3月◇鹿央図書室

春は名のみの…まだまだ朝晩は寒い日が続きますね。
そんな中でも別れと出会いの季節はやってきます。
鹿央図書室にも春がそこまで訪れているようです。

【ハルメク新生活】
卒園・卒業したかと思えば、入園・入学の準備に慌ただしくなりますね。
通園バッグの作り方、生活の基本、お付き合い指南書など新しい環境へすすむ皆さんを応援します。
花粉症対策の本も併せて展示中です。


【はるがきた***】
春を感じる絵本がこんなにたくさん!
卒園や小学校をテーマにした絵本は、未知の世界にドキドキしている子どもさんへ(大人にも!)おすすめです。

2022.01.14

古川春秋先生『温泉のような温かい話』

【頑張れ「山鹿の湯」プロジェクト】で実現‼
 
 山鹿にゆかりのある方々が
「山鹿を応援したい」という想いから実現した
【頑張れ「山鹿の湯」プロジェクト】

山鹿市鹿北町出身の作家
古川春秋(ふるかわ しゅんじゅう)先生が執筆された『温泉のような温かい話』
読めるQRコード付の栞をこもれび図書館でプレゼントします。




〈『温泉のような温かい話』を読むための3つのステップ〉

①こもれび図書館 館内中央
「山鹿市民なら「読む」一択。古川春秋先生」コーナーで古川先生の本を借りていただきます。 


    



②古川先生の本に挟んである栞に付いている【QRコード】を、
タブレット端末またはスマートフォンで読み取ってください。

        



③『温泉のような温かい話』が画面上に表示されます。

        



古川先生の主な作品は
『ホテルブラジル』〈第3回野生時代フロンティア文学賞〉
『家族ドミノ』
『BORDER』(ドラマ化された作品のオリジナル小説)
『殺人犯と一緒』
『エンドロール』
『暗殺日和はタロットで』

古川先生は、2019年7月こもれび図書館に来訪されました。
こもれび図書館ブログ「古川春秋先生 来館されました!」でその時の様子をご紹介しています。
先生には、急なお声掛けやお願いにもかかわらず、写真撮影やサインなど、快く引き受けて
くださいました。
先生の作品一覧は、「広報やまが2021年11月号(No.251)」でも紹介されています。


山鹿にまつわるキーワードが散りばめられた古川先生の小説が読める栞を、ぜひこもれび図書館で受け取ってください。

こもれび図書館でお待ちしています。(・A・)